出費を少なく|解体工事を依頼する|プロの解体職人がスムーズ処理

解体工事を依頼する|プロの解体職人がスムーズ処理

出費を少なく

ワーカー

解体工事の取り組みについて

解体工事で工夫することで得られるメリットを紹介します。1つ目のメリットは費用削減です。建築業者と解体業者のそれぞれに分離発注するという工夫です。分離発注すると建築業者が受取る中間マージンが発生しなくなります。結果解体工事の20%から30%の費用を削減することが可能です。2つ目のメリットは安心できる業者選びです。解体業者を見極めるために許可証を確認します。許可証には解体工事をするにあたっての許可証と産業廃棄物を収集・運搬できる許可証が必要です。さらに解体業者が産業廃棄物の運搬や処理を他の業者へ委託する際、最終処理を記録するマニフェストというものが必要です。これらの許可証を事前に確認することで不正を行なっていない、安心できる解体業者であるかを確認できます。

解体工事のトレンドについて紹介します。工事費用のトレンドです。建物の構造や周辺の道路状況により異なりますが、坪単価は次のようになります。木造の場合は2万円から4万円、鉄骨の場合は2.5万円から4.5万円、RC造の場合は3万円から6万円です。さらに養生費や廃棄物処分費などが必要になる場合もあります。環境保護の観点から、近年解体工事には各種の手続きが必要になっています。建築リサイクル法による届出、道路使用許可申請、ライフラインの停止手続き、近隣への説明、建物滅失登記などになります。これらの手続きをきちんと行える安心できる解体業者を見つけることが大切です。業者選びのトレンドとして最近では複数の解体業者へ一括見積依頼が行えるシステムが登場していますので、事前に調査をしてから注文することが可能です。