解体工事を依頼する|プロの解体職人がスムーズ処理

解体工事に必要な準備

解体工事

解体作業を行なう際には決められた順に設備を準備し、スムーズに仕事を進めていけるように対処します。また室外工事を行なう際は近隣住民の方に挨拶を行ない、工事の内容などを説明しなければなりません。

もっと見る

見積もりをチェック

作業者

解体工事を安く行う方法

解体工事の費用を安く抑えるには、まず見積もりをいくつかの解体工事業者に頼むことです。面倒ですが、きちんと現場を調査し正確な見積もりを出してもらうことが重要です。今は、インターネットで複数の業者に見積もりを取ってもらうことも可能ですが、できれば直接、解体工事業者に依頼する方が安く済みます。インターネットのサイトなどの中間業者が入ると、中間マージンの分だけ解体工事費用が高くなります。また、解体工事にあたっては、不用品や廃棄物を処分する人件費も大きいので、早めに不用品は処分しておくことです。家電製品や家具、布団などの大型で、粗大ごみやリサイクルショップに出せるものは、あらかじめ処分しておくと、その処分費用が安くなります。

建築物の種類と解体費用の違い

解体する建築物が鉄骨の場合は木造よりも数割高くなります。しかし、鉄骨など鉄のスクラップは売ることができるので、そのぶん安くできます。自分で売るのが難しければ、売却も解体業者に依頼し、その分を解体費用から差し引いてもらうように交渉すると、安くなるかもしれません。特に、鉄の値段が高い時は、かなり変わってきますので、鉄の価格の動向をあらかじめ調べておくことも必要になってきます。木造の建築物でも、重機ではなく人力で解体すれば、木材の再利用が可能です。騒音も抑えられるので、人力での手壊しが得意な業者を探すのも一つの方法です。木造や鉄骨と異なり、鉄筋コンクリートでは再利用が難しい点も注意が必要です。鉄筋がコンクリートに埋まっているため分別が難しく、解体自体も費用が高くつきます。

見極めが重要

男性

建物の解体などは非常に危険な作業となっているので慎重な作業が重要になってきます。解体工事を行なってくれる業者は複数あるので、見積もりなどをしっかりと行なって優良な業者と悪質な業者をしっかりと見極めましょう。

もっと見る

出費を少なく

ワーカー

解体工事を行なってくれる業者を利用することで得られるメリットはたくさんあります。例えば、出費する費用を少なくすることができるというメリットがあります。そのため、大生の人は分離発注を行なう傾向にあります。

もっと見る